【SMシングル】ポリゴンZパルシェン構築

コンセプト

シーズン1の序盤~中盤で使っていたパーティはサイクル構築でした。
yterapokemon.hatenablog.com

この構築で勝てなくなってきたのでパーティをガラッと変えようと思い立ち、今度は勝ちパターンが明確な構築に挑戦しようと構想を練り始めました。いろいろなポケモン候補に挙がってきましたが、ニコ生を見ていて目についたのがポリゴンZでした。10万ボルトと冷凍ビームだけでほとんどのポケモンに等倍以上がとれる現環境において、間違いなく活躍できる積みエースだと(レートに潜る前は)思いました。襷を潰す必要があるのでステロが撒けるマンムーと組み、幅広い範囲を受けて詰めることができるテッカグヤ、お掃除性能の高いスカーフガブリアスがフィットしそうだと考えて採用しました。

ここまでで相手のギャラドスマンムーガブリアスが重めなのでこいつらを起点にできるパルシェンを採用。パルシェンを受けにくるようなB振りのカプ・レヒレやテッカグヤはポリゴンZに弱いため、相手の選出を窮屈にできるのではないかとの期待もありました。

最後にカプ・テテフやキングドラ入りの雨パなどに強く出られるミミッキュを投入。ここがもっと洗練することができた枠だなと思いました。


パーティ構成

f:id:ytera22:20170117181132p:plain

ポケモン 特性 持ち物 技1 技2 技3 技4
ポリゴンZ 適応力 ノーマルZ 10万ボルト 冷凍ビーム 身代わり テクスチャー
マンムー 雪隠れ 気合いの襷 地震 氷の礫 ステルスロック 吠える
テッカグヤ ビーストブースト 食べ残し ラスターカノン 火炎放射 宿り木の種 守る
ガブリアス サメ肌 拘りスカーフ 地震 逆鱗 ストーンエッジ 炎の牙
パルシェン スキルリンク 王者の印 氷柱針 ロックブラスト 氷の礫 殻を破る
ミミッキュ 化けの皮 広角レンズ じゃれつく 影打ち 毒毒 鬼火

選出・戦術

低レートではポリゴンZパルシェンの刺さっている方を選出し、積めれば勝ちという展開が多かったです。2匹とも凄まじい突破性能があるので使っていて気持ちが良かったです。しかし当然ですがレートが上がってくるにつれて全抜きすることは難しくなりました。

高レートと当たることが多かった終盤は、テッカグヤで詰ますことを目標にした方が勝てることに気づきました。相手がパルシェンポリゴンZを意識した結果、テッカグヤの突破手段が薄くなる場合が多かったのです。マンムーでステロを撒き、テッカグヤの宿り木で相手を削りつつ、隙をみてパル・ガブ・ポリで崩す、という戦い方が強かったです。

初手はほぼマンムーで、後発テッカグヤもほぼ確定。ジバコイルがいるときは100%出てくるのでガブリアスを選出。ポリゴン2も出てきやすいのでポリゴンZの起点にするかミミッキュで毒をいれます。ギャラドスも選出されやすいのでパルシェンの起点にすることを狙っていきます。ハッサムパルシェンも良く出てきたのですが、テッカグヤがB振りの特殊技持ちなので困りませんでした。

マンムーテッカグヤの並びは炎が一貫するのですが、アローラにろくな炎ポケモンがいないため脅威には感じませんでした。ウインディやエンニュートはステロと宿り木を撒いてクルクルしているうちに勝手に倒れていった印象です。

きついのは撃ち分けできて電気技を持ったカプ・テテフでした。本来はミミッキュで簡単に処理できるポケモンだと思うのですが、ミミッキュを積極的に選出できず辛くなりました。


個別解説・考察

ポリゴンZ

161-*-90-205-95-142
(控えめ 4-0-0-252-0-252)
ノーマルZ 適応力
10万ボルト 冷凍ビーム 身代わり テクスチャー

テッカグヤやポリゴン2の前で身代わりを貼ってZテクスチャーから全抜きする。
身代わりがシャドーボールだったこともあるが、ガラガラぐらいにしか使わないので替えた。
控えめC252コケコのエレキフィールド10万ボルトが80.1%〜95%なので持ちものによってはコケコも起点にできる。
電気Zが多かったので安全とは言えない。

ステロ+Zテクスチャーに成功しても大抵ポリゴンZ側は削れていて、反撃をもらうと普通に落ちる。
マンムー、スカガブ、めざパ地面ジバコ、めざパ地面デンジュモクに止められる。

マンムー

217-200-100-*-80-101
(意地っ張り 4-0-0-252-0-252)
気合いの襷 雪隠れ
地震 氷の礫 ステルスロック ほえる

ステロ絶対撒くマン。
パルシェンと鉢合わせたら吠える。
HP1で残ったときも電気の一環を切れたりするのでなるべく残す。

Sに振らずにHに振っているのはサイクル戦になったときに耐久振りが役に立つから。
遅くして不便さを感じることは特になかったので、持ち物と矛盾する振り方だがよかったと思う。

パーティ単位でルカリオが重いので初手で鉢合わせたら地震を撃つ。

厚い脂肪がなく、鈍感と雪隠れの2択の環境において挑発は撃たれないだろうと高を括って雪隠れをチョイス。
100戦ぐらいして2回挑発を撃たれた。
コケコに撃たれたのは納得がいっていない。

バトン構築には後発で選出し、タイミングを見計らって吠える。
それだけで勝てるので本当に強い技だと思う。

テッカグヤ

193-*-170-127-121-93
(図太い 164-0-252-0-92-0)
食べ残し ビーストブースト
ラスターカノン 火炎放射 宿り木の種 守る

H:食べ残し意識16n+1
B:全振り
D:残り

物理耐久を高めつつ、最低限の特殊耐久も欲しかったのでこの振り方。
控えめC252ジバコイルの10万ボルトが78.7%〜94.3%。

火力の高いヘビーボンバーを捨て、Aに下降補正をかけている。
偶然GTSで図太い個体を拾ったので採用を検討した結果、いけそうだということになった。

Cに下降補正をかけると火炎放射の威力が下がり、Sに下降補正をかけるとミラーで不利になる。
その辺を上手くクリアしつつ、パルシェンに起点にされないというのが非常に大きい。
H4振りパルシェンにラスターカノンが69.8%〜83.3%、対面で殻を破ってこれば確実に飛ばせる。
パルシェン入りのパーティと当たった場合は、パルシェンが来るまではラスカを見せないのが吉。

宿り木を撃ってからパルシェンポリゴンZに引くと多少サポートになるので、そこも噛み合っていて良かった。
ミラーを意識してSをもう少し上げておいてもよかったなと思う。

ガブリアス

183-182-115-*-106-169
(陽気 0-252-0-0-4-252)
拘りスカーフ サメ肌
地震 逆鱗 ストーンエッジ 炎の牙

ごくごく普通のスカガブ。
お相手がパルシェンポリゴンZを意識しすぎると地震や炎の牙で簡単に一貫がとれることがあった。

殻を破った意地っ張りパルシェンより早いのもグッド。
パルシェンは意地っ張りの方が多かったように思う。

パルシェン

125-147-200-*-66-134
(陽気 0-252-0-0-4-252)
スキルリンク 王者の印
氷柱針 氷の礫 ロックブラスト 殻を破る

最速スカガブを抜けないのは辛いかなと思ったので陽気にした。
火力不足を感じたことがあるので意地っ張りでよかった気がする。

襷はマンムーが持っているので王者の印を選択。
41%の確率で相手をひるませる最強のアイテム。
なるべく頼らないように立ち回ったが、追いつめられたときに勝ち筋が残るのは強かった。

ミミッキュ

162-111-100-*-125-162
(陽気 252-4-0-0-0-252)
化けの皮 広角レンズ 
じゃれつく 影撃ち 毒毒 鬼火

当初は影撃ち毒毒を光の壁呪いにし、起点作りを画策していた。
しかしあまりにも汎用性にかけるため、最低限鬼火を撒いてくれるポケモンとして割り切った。

ここまでで高速回復のある耐久ポケモンに弱く、誰か1匹毒毒を持っていて欲しいと思いこいつに搭載した。
耐久ポケモンにあえて出ていき毒を盛り、テッカグヤを使って蓄積させていく。

じゃれつく、鬼火、毒毒はすべて命中率90%であるため、相性が良いと考え広角レンズを採用した。
オボンなどにした方が場持ちが良いのは確かだが、確実に当ててくれる安心感があった方が使っていて楽だった。