3度目のサザンドラ

元々ポケモンブログでしたがいまはゲーム全般について書いています

【原作勢目線】アニメシャドウバースF 11話感想-アンタに理解されたくない…

 アニシャドFの11話の感想文です。

ライトvsツバサ

1ターン目

先攻1T:ツバサ
 詠唱:聖なる願いをプレイ。ツバサが直接教えてくれましたが、彼女が使うアーキタイプはアミュレットビショップでした。

後攻1T:ライト
 ハンマードラゴニュートをプレイ。

2ターン目

先攻2T:ツバサ
 煌翼の戦士・リノをプレイ。

後攻2T:ライト
 ムシュフシュをプレイ。ハンマードラゴニュートは相手のリーダーに攻撃します。2話のシノブ戦では同じ盤面で2/2に攻撃して返り討ちになっていましたが、今回はちゃんとリーダーへ攻撃しました。初心者卒業という演出ですね。

3ターン目

先攻3T:ツバサ
 アニメオリジナルカードをプレイします。

エメラルドメイデン
3コスト2/3
守護
ターン終了時:ランダムな自分のフォロー1体は守護を持つ(自分を除く?)

 アプリ版にはファンファーレで狙ったフォロワーに守護をつけられるカードがあります。エメラルドメイデンは場残りすれば2回目以降の守護付与が望めるカードです。

 煌翼の戦士・リノでハンマードラゴニュートを上踏みします。リノの効果でリーダーに1点飛びます。1/2を出すことでリーダーに攻撃されることは防ぎましたが、リノの強いところが活かされました。ハンマードラゴニュートのラストワードが発動してドラゴンスマッシュが手札に加わりました。

後攻3T:ライト
 ムシュフシュでリノと相討ちします。ドラゴンスマッシュでエメラルドメイデンを破壊してドラゴウェポンが場に出ます。

4ターン目

先攻4T:ツバサ
 プリズムプリーストをプレイ。ファンファーレで詠唱:白翼への祈りを持ってきて、そのままプレイします。

後攻4T:ライト
 アニメオリジナルカードをプレイします。最初の食堂のシーンからの伏線でした。

ランスリザード
4コスト5/3
武装
突進
攻撃時:自分の場にドラゴウェポンがあるなら、自身を+0/+2して相手のリーダーに2ダメージ

 素で武装されているフォロワーがいるというのが新情報でした。盤面にはドラゴウェポンがあったのですが、ランスリザード武装フォロワーなので反応しません。攻撃時効果で場にドラゴウェポンがあるかどうかを参照する効果を持っていました。武装デッキではこういう絡ませ方もあるんですね。
 進化開始ターンですがライトは進化を使わずに盤面有利を取り返しました。

5ターン目

先攻5T:ツバサ
 アニメオリジナルカードをプレイします。

ジュエルシュライン
1コストアミュレット
場に出たときカードを1枚引く
??

 このカードはカウントダウンではなく常駐型で、すごい効果があるらしいです。11話では明かされませんでした。
 スレッジエクソシストをプレイし、進化時効果でランスリザードを破壊します。ランスリザードは5/3で上踏みしにくかったので、進化効果で破壊できたことは悪くはありません。
 もう一枚アニメオリジナルカードをプレイします。このターンに効果は働きません。

ビーファルコン
6コスト3/3
結晶2:カウントダウン3
自分のフォロワーが相手のリーダーに攻撃するとき、ランダムな自分のフォロワー1体は疾走を持つ
===================
??

 10話の授業のシーンで結晶の説明がされていたり、11話でスバルがライトに説明をしていたりしたことの伏線回収でした。結晶フォロワー入りの宝石テーマのデッキのようです。
 「結晶」というロジックがアプリ版に入ったのはリリースから3年ほど経ったあとのことなので、アニシャドのカードプールとはだいぶ時空が離れています。最初に紹介されたのは確かこの子でしたね。

後攻5T:ライト
 竜の闘気をプレイ。PPブーストして体力を20に戻し、2枚引きます。
 ツバサの場のフォロワーが2/3のスレッジエクソシストだけだったので、強気に無視をするプレイです。ライトのデッキは序盤からフォロワーを出しながら戦うデッキですが、ドラゴンクラスの強さはやはりPPブーストにありますからね。
 ツバサの盤面はジュエルシュライン、詠唱:白翼への祈り、スレッジエクソシストの3面が埋まっていたので、残り2面しかないからそんなに強い動きもされないだろうという読みもあったのかもしれません。

6ターン目

先攻6T:ツバサ
 詠唱:白翼への祈りが割れてホーリーファルコンが出てきます。
 アニメオリジナルカードをプレイします。

サファイアプリースト
4コスト3/4
ターン終了時:このターン中に自分のフォロワーが3回以上攻撃していたならカードを3枚引く

 カウントダウンアミュレットで疾走フォロワーが出てくるターンを予約できるからこその効果です。発動出来たら爆アドですが、このカード自体に4コスト必要なのでけっこう難しいカードです。
 ホーリーファルコンを進化し、場残りしたスレッジエクソシストと一緒にリーダーを攻撃します。
 自分のフォロワーがリーダーを殴ったのをトリガーにして、結晶で置いてあるルビーファルコンの効果が働きます。ランダムな自分のフォロワーに疾走を与える能力です。付与対象はランダムなので、攻撃してトリガーを引いたフォロワーに付与される可能性があるのがなんともイケてないカードです。無駄になる可能性を含んだ抽選が毎回行われるので。
 処理は省略されていますが、ホーリーファルコンとスレッジエクソシストが殴ったときにそれぞれ抽選が発生しています。3分の1の抽選を2回行って、サファイアプリーストに疾走がつかないパターンは9分の4。天もアタシを味方しているとツバサは謙虚な姿勢でしたが、半分ぐらいの確率でサファイアプリーストが疾走を持つことになります。
 これでツバサの盤面はジュエルシュライン、結晶ルビーファルコン、2/3, 4/3, 3/4となります。ライトの体力は11です。

後攻6T:ライト
 次回はたぶんここからです。ライトの場にはまだドラゴウェポンが残っています。どのように盛り返していくでしょうか。

ツバサの内面

 11話のツバサはかなり機嫌が悪いので、ライトたちへのアタリがキツく、口の悪いギャルの先輩という描かれ方をしています。ただ、我々は10話でツバサの内面をある程度知っているので、彼女がなんでそんな態度をとっているのかがなんとなくわかっています。見ていて不快にはならず、むしろライトたちがツバサを救ってほしいと祈るような気持ちが湧いてきました。
 ツバサの内面をライトは一切知りませんが、「苦しそうにシャドバをするんだな」と声をかけるシーンがあって印象に残りました。シャドバをすることで分かり合えるというのはライトがずっと一貫して主張し続けていることです。

ライト:「シャドバは時々心を縛る。真剣に向き合うからこそ苦しくもなる。だが、自分らしくいられるのが、心のままでいられるのがシャドバの良さだ」

 ライトは初心者ですがすでにシャドバの苦しい側面も知っているようです。シャドバは負けが続くとなかなか苦しいというのは私も日々実感しています。ライトが使った「心を縛る」という表現は、負けて悔しいというだけではない繊細なニュアンスを感じますが、対人ゲームならではの負の側面にもちゃんと目を向けようとしているのが伝わってきます。
 1vs1でハルマに勝てないからツバサは苦しい思いをしています。彼女は部長として部を守らなくてはいけない責任と、シャドバプレイヤーとして勝負の世界に身を置くことを天秤にかけた結果、後者を諦めています。ジェントルマンはツバサの腕前はプロ級だと言っていて、10話ではツバサがプロに関するニュースを見ていたシーンもありました。彼女の本音が聞きたいですね。
 ライトはどういうふうにツバサを救ってくれるでしょうか。1人のシャドバプレイヤーとしても、次回がとっても楽しみです。




更新はTwitterでお知らせします。
twitter.com